2024-03-02
Breaking News

老老介護におすすめの老人ホーム

高齢の夫婦2人だけで生活していると、いつかどちらかが先に介護を必要とし、老老介護に悩まされる日が来るのではないかと不安になってしまうだろう。介護が必要になっても夫婦で一緒に生活したいと思うのであれば、夫婦入居を受け入れている老人ホームを探してみるのがおすすめだ。夫婦で同じ部屋に入居できる老人ホームにはさまざまな種類があるので、自分たちに合った老人ホームを選べるよう事前に各施設の違いを比較しておくといい。

まず老人ホームは、要介護状態なのか自立状態なのかによって入居先が変わる点に注意が必要だ。2人ともまだ元気で介護を必要としていないが、早いうちに2人で入居できる老人ホームを探しておきたいという場合には、入居条件に「自立」を提示しているサービス付き高齢者向け住宅に住むことができる。スタッフが常駐していて、見守りサービスや生活相談サービスを受けることができる施設だ。老化や談話室などもバリアフリー化されているため、高齢者でも過ごしやすい住宅になっている。

続いて妻か夫のどちらかのみ介護を必要としている場合には、混合型と呼ばれる要介護者と自立している人の両方が入居できる老人ホームであれば夫婦で入居できる。自立していた人が入居後に要介護者となっても、そのまま住み続けて介護サービスを受けることができる。最後に夫婦2人とも介護が必要な場合には、住宅型有料老人ホーム、または介護付き有料老人ホームに夫婦で入居が可能だ。住宅型有料老人ホームの場合は利用した介護サービスで毎月の料金が決まり、介護付き有料老人ホームの場合は要介護度に合わせて毎月決まった金額が請求される。